キャンプや車中泊に適した人気ミニバンを比較! おすすめランキング【2017年度版】

キャンプ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



2017年の新型ミニバンは、たくさん出ている情報を見てみると、いろんな使い方をして楽しんでいる人が多いようです。

特にキャンプに興味を持っている人が多いようでしたので、今日はキャンプに適した人気ミニバンを比較していきながらランキング形式で、おすすめ新型ミニバンをご紹介していきます。


スポンサーリンク

キャンプに適した人気ミニバンおすすめ2017

gallery_cabin_03

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/

最近は、キャンプを夏以外の季節でするのが流行っているそうです。夏は、どうしても元気の良い若年層や子育て世代で溢れているため、大人だけで静かに楽しみたいといった人たちが増えているそうです。

自分の好きな食材や、寝袋、キャンプで使うバーベキューセット等を積んでキャンプ場に出かけるのですね。その大人だけの静かなキャンプは、なんだかとっても楽しそうでした。

寝袋の話が出てきましたが、確かにキャンプとなると日帰りなのか、室内で車中泊をするのかで変わってきます。

車中泊が出来るのか、どういった人が使うのかなど検証していくのも楽しみですね。では、楽しく参考にしてみてください。


スポンサーリンク

第10位 トヨタ プリウスα

トヨタ ギャラリー2

引用:http://toyota.jp/priusalpha/

第10位になったのは、トヨタのプリウスαです。プリウスαは、プリウスなんだけど少し違った存在感ですよね。

さて、そんなプリウスαですが、移住空間や荷室スペース、空力性能に至るまで試行錯誤を重ねて生まれただけあって、静かで快適に走れるところが魅力です。

S“ツーリングセレクション”の場合

  • 価格 ➡ 3,136,909円
  • 全長 ➡ 4,645mm
  • 全幅 ➡ 1,775mm
  • 全高 ➡ 1,575mm
  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,780mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,530/1,535mm

キャンプをするのは自然が多いところなので、音が特に聞こえやすく、周囲のキャンプをしている人や、近くに住んでいる人たちへの配慮が必要ですね。

これは、ハイブリッドカーだからこその静かさといえます。また、EVモードを選択するとさらにエンジン音や振動を感じない優れた静粛性があるのが特徴です。

この静かでなめらかな走りのプリウスαだったら、キャンプにいっても安心です。ただ、形状の都合でスライドドアは付いていませんので、荷物の積み下ろしが少し不便になりそうです。

  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,780mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,530/1,535mm
  • 最小回転半径 ➡ 5.8M
  • 燃費消費率 ➡ 26.2km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ なし

キャンプで快適に過ごしたい場合には、不向きな部分もあるという意味で人気の高いプリウスαが第10位になりました。そんなトヨタのプリウスαは、2,828,618円から購入が可能となっています。(※7人乗りの場合)


スポンサーリンク

第9位 ホンダ フリード

gallery_utility_04

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/

第9位には、ホンダのフリードが登場してきました。画像を見ても分かる通り、荷物をたくさん載せることが出来るので、家族でキャンプをするときにも安心して楽しめますね。

HYBRID G・Honda SENSING 7人乗りの場合

  • 価格 ➡ 2,517,600円
  • 全長 ➡ 4,265mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,710mm
  • 室内長 ➡ 3,045mm

こうして天体望遠鏡もキャンプに持っていくと大自然の中で、空気もきれいなため星をたくさん観察できそうで良いですね。

もちろんキャンプ場に行く道中でも、ホンダ独自の最新技術であるホンダSENSINGを搭載しているので万が一の時にも安心です。

  • 総排気量 ➡ 1.496cc
  • ホイールベース ➡ 2,740mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,485mm
  • 最小回転半径 ➡ 5.2M
  • 燃費消費率 ➡ 19.0km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ 両側スライドドアがメーカーオプションであり

スライドドア・イージークローザーは、リヤの場合には両側で標準装備しているので荷物の積み下ろしをするときにも便利です。そんなフリードは、1,880,000円から購入が可能となっています。


スポンサーリンク

第8位 トヨタ シエンタ

いろんなシエンタ

引用:http://toyota.jp/sienta/

トヨタのシエンタは、第8位になりました。元気いっぱいな印象が強いシエンタですが、その性能は本当に家族思いで優しいものとなっているようです。

HYBRID G“Cuero”〈特別仕様車〉の場合

  • 価格 ➡ 2,465,855円
  • 全長 ➡ 4,235mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,675mm
  • 室内長 ➡ 2,535mm
  • 室内幅 ➡ 1,470mm
  • 室内高 ➡ 1,280mm

シエロは比較的、最小回転半径が5.2Mと小回りが効いて小さめな感じですが、実力を備えた力強さも発揮していることから人気が高いのですね。

遊び心がいっぱいで荷物をたくさん載せることも出来ますが、先ほどのプリウスαと同じように、荷物をたくさん載せると3列目には人が乗れないことがあるので、日帰りのキャンプなら家族や友人たちと快適に過ごせそうですね。

  • 総排気量 ➡ 1.496cc
  • ホイールベース ➡ 2,750mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,480mm
  • 最小回転半径 ➡ 5.2M
  • 燃費消費率 ➡ 27.2km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ ワンタッチスイッチ付きスライドドア

また、シエンタは燃費が良いので、キャンプだけでなく遠くへスポーツの試合に行ったりと幅が広がりそうです。その低燃費の秘密が、1.5L小型ハイブリッドシステムです。

モーターとエンジンの長所を活かして低燃費と優れた走りを両立するのですが。小型化することによってTHS Ⅱの良さが走行性能だけでなく、室内の広さまにまで生み出してくれていますね。

そんなシエンタは、1,689,709円から購入が可能となっています。

第7位 トヨタ エスクァイア

シルバーメタリック

引用:http://toyota.jp/esquire/

第7位には、トヨタのエスクァイアが登場してきました。エスクァイアは、ヴェルファイアやアルファードと比較すると小さめのボディなので、動きやすさがありますね。

HYBRID Gi“Premium Package” の場合

  • 価格 ➡ 3,358,800円
  • 全長 ➡ 4,965mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,825mm
  • 室内長 ➡ 2,930mm
  • 幅 ➡ 1,540mm
  • 高さ ➡ 1,400mm

キャンプに行くなら、このエスクァイア程度の広さがあると車中泊も楽に出来るのではないでしょうか?室内高があるので、子どもならお着替え等を立ったまま可能になりそうですね。

挟み込みの事故を防ぐように安全なスライドドアがあるので、子どもが荷物を運ぶのも楽しくお手伝いが出来そうです。もちろん大人のキャンプでも荷物の上げ下ろしがスムーズに出来そうですよね。

  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,480/1,480mm
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー付)

エスクァイアは、トヨタのセーフティー・サポートカーなので、色々なブレーキ性能などを搭載して安全をサポートする車種になっています。

家族や友人たちと楽しくキャンプをしたら帰りも、もちろん安全に辿り着くことが大切ですよね。

小学生くらいに先生が「遠足はおうちに帰るまでが遠足です」的なことを話していたのでテレビでも笑いで出てくるネタでもありますが、ミニバンでのキャンプも同じようなことが言えますね。

そんなエスクァイアは、2,675,160円より購入が可能となっています。

6位 トヨタ ヴェルファイア

carlineup_vellfire_top_3_02_pc

引用:http://toyota.jp/vellfire/

第6位には、トヨタのヴェルファイアです。あまりヴェルファイアでキャンプという発想はしないかもしれませんが、荷物をたくさん載せることが出来ることや、車中泊をする場合には広くて良いということでの登場です。

HYBRID Executive Lounge/Executive Lounge[3.5L]の場合

  • 価格 ➡ 7,036,691円
  • 全長 ➡ 4,930mm
  • 全幅 ➡ 1,850mm
  • 全高 ➡ 1,950mm
  • 室内長 ➡ 3,210mm
  • 幅 ➡ 1,590mm
  • 高さ ➡ 1,400mm

こちらも室内高は、子どもが立ってお着替えやお手伝いが出来る高さがあります。編集スタッフが試したところ(身長150㎝程度)でも、やや前かがみになりますが、着替えが思ったよりも楽に出来るということが分かりました。

これだとキャンプに行った時には、ママや友人など小柄な人は車中泊での動きも大丈夫そうですね。また、ヴェルファイアには、若年層に人気の高いGOLDEN EYESシリーズも発売がされています。

  • 総排気量 ➡ 2.493cc
  • ホイールベース ➡ 3,000mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,600/1,595mm
  • 車両重量 ➡ 2,220㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.6M
  • 燃費消費率 ➡ 18.4km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり

キャンプへ行く道中でも、横滑りやふらつきを防ぐS-VSC EBD付ABS+ブレーキアシストがあるので安定感がある走行が楽しめます。エコ運転をサポートしてくれるところも自然を楽しみに行く人たちに優しいことが分かりますね。

そんなヴェルファイアは、3,197,782円より購入が可能となっています。

第5位 トヨタ アルファード

アルファード5

引用:http://toyota.jp/alphard/

乗り心地では、魅力をいっぱい伝えてくれる存在感があるアルファードが第5位になって登場してきました。

HYBRID Executive Lounge/Executive Lounge[3.5L]の場合

  • 価格 ➡ 7,036,691円
  • 全長 ➡ 4,930mm
  • 全幅 ➡ 1,850mm
  • 全高 ➡ 1,950mm
  • 総排気量 ➡ 2.493cc
  • ホイールベース ➡ 3,000mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,600/1,595mm

アルファードの場合も、室内などサイズ的にはヴェルファイアと同じなので車中泊は可能ですね。

また、なんといっても、高級サルーンと呼ばれるくらいなのでキャンプには不向きかと思われそうですが、やはりその大空間がキャンプではリビング代わりに使うには心地いいのです。

170110_interior_ph2

引用:http://toyota.jp/alphard/

また、3列目を薄型化することで荷室幅を大きく広げることが出来るので、キャンプで使いたいバーベキューセットや寝袋など積み込むことが出来そうです。

  • 最小回転半径 ➡ 5.6M
  • 燃費消費率 ➡ 18.4km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり

助手席パワーオットマンもあるので、脚のむくみが気になる女性の場合には、ぜひ使ってほしいですね。そんなヴェルファイアは、3,197,782円より購入が可能となっています。

第4位 トヨタ ノア

carlineup_noah_exterior_top_pic_05_01

引用:http://toyota.jp/noah/

女性のファンが多いトヨタのノアが第4位となって登場してきました。ノアは、トヨタの他のミニバンにあるような安全性を確保したまま、少し小柄なボディなので取り回しが良いため子育て世代のママを中心に人気が高い車種です。

Si“GR SPORT” の場合

  • 価格 ➡ 3,257,280円
  • 全長 ➡ 4.795mm
  • 全幅 ➡ 1,735mm
  • 全高 ➡ 1,810mm
  • 総排気量 ➡ 1,986cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,500/1,480mm

キャンプでは、車中泊も出来そうですが最近の便利なキャンプ場の設備を利用するなら荷物を持たずに、みんなでワイワイ出発できそうです。

carlineup_noah_interior_space_pic_14

引用:http://toyota.jp/noah/

もちろん日帰りだと、キャンプに必要なものは積んだままでも3列目まで乗れる広さは十分あります。

  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり

また、せっかく大自然へ行こうとするのに、きれいな環境を汚したくないですよね。トヨタのノアは、1.8L 2ZR-FXE エンジンと搭載しているので排出ガスを低く抑えるので、きれいな空気に配慮した構造となっています。

そんな優しいノアは、2,466,720円から購入が可能となっています。

第3位 トヨタ ヴォクシー

走行性能

引用:http://toyota.jp/voxy/

キャンプをするには、ぴったりのトヨタのヴォクシーが第3位に登場してきました。テレビCMでの男の子とのやり取りが、高感度の高い車種ですよね。

ZS”GR SPORT”の場合

  • 価格 ➡ 3,257,280円
  • 全長 ➡ 4,710mm
  • 全幅 ➡ 1,735mm
  • 全高 ➡ 1,825mm
  • 室内長 ➡ 2,930mm
  • 幅 ➡ 1,540mm
  • 高さ ➡ 1,400mm

キャンプへ行く場合には、画像のように子どもが立ってお着替えをしたりできる高さがあるので乗降を大人がしても頭を怪我しにくいです。たまに背の高い男性が車へ乗ろうとしたときに思いっきり頭を打っている場面に遭遇してしまいますが、そういう意味でも安心ですね。

ヴォクシー子ども引用:http://toyota.jp/voxy/

ノアは、走行が安定するように低重心化を実現したので、道中でもカーブなどドライバーが疲れにくい配慮がされています。静粛性も良いので、家族や友人とキャンプを通して楽しい会話をたくさん楽しむことが出来そうですね。

  • 総排気量 ➡ 1.797cc
  • ホイールベース ➡ 2,850mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,500/1,480mm
  • 最小回転半径 ➡ 5.5M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり。パワースライドドア予約ロック機能付

そんなヴォクシーは、2,466,720円から購入が可能となっています。

第2位 日産  セレナ

SERENA_05_030.jpg.ximg.l_12_m.smart

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

そして子育て世代の人気車種、日産のセレナが第2位に登場してきました。これまでのミニバンは、ワンタッチ等ドアに触れなければスライドドアが開きませんでしたがセレナは、ドアに触れることなくスライドドアが開くのが大きなポイントです。

ハイウェイスターGの場合

  • 価格 ➡ 3,011,040円
  • 全長 ➡ 4,770mm
  • 全幅 ➡ 1,740mm
  • 全高 ➡ 1,865mm
  • 室内長 ➡ 3,240mm
  • 幅 ➡ 1,545mm
  • 高さ ➡ 1,400mm

ちょっとしたピクニックでも、わりと荷物がたくさんになることを思うと、キャンプだったら荷物がより多くなることが考えられます。

そこで両手がふさがっていても、足先をスライドドアの下へ入れて引くだけでスライドドアが開いてくれるのです。赤ちゃんを抱っこしたまま、足だけで開いてくれると、そのまま乗り込むことが可能なんですね。

マルーンレッド×ダイヤモンドブラック

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

もちろん周囲を通る人やねこちゃんなどでは反応しませんから安心です。インテリジェントキーを持っている人にだけ反応するようになっているので防犯面でも安心です。

  • 最小回転半径 ➡ 5.7M
  • 燃費消費率 ➡ 16.6km/L
  • 乗員数 ➡ 8人
  • スライドドアの有無 ➡ あり。ハンズフリーオートスライドドア〈両側〉 (挟み込み防止機構付)

家族だけなら車中泊も出来るので、キャンプをして星の観測をするのも、少し夜更かしするのも楽しい思い出が出来そうです。そんな日産のセレナは、2,435,400円より購入が可能となっています。

第1位 ホンダ ステップワゴン

⑤スーパープラチナ・メタリック

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

キャンプへ行くなら選びたいミニバンでは、第1位に輝いたステップワゴンです。ステップワゴンの場合には、比較するとアルファードほど気を使うことなく、親しみのある広さがポイントとなりました。

SPADA HYBRID G・EX Honda SENSINGの場合

  • 価格 ➡ 3,559,680円
  • 全長 ➡ 4,760mm
  • 全幅 ➡ 1,695mm
  • 全高 ➡ 1,840mm
  • 室内長 ➡ 3,220mm
  • 幅 ➡ 1,500mm
  • 高さ ➡ 1,405mm

程よい広さがあり、これなら日帰りキャンプでも車中泊でも楽しい過ごし方が出来そうです。みんなの大好きな食材やおやつを持って載せたり、寝袋にカメラにと思い思いのものを積み込むことも出来ます。

pic_interior_design_slide_05

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

女性も一緒にキャンプの場合には、防犯や衛生面も気を配る必要がありますよね。このステップワゴンなら、高さもあるので着替えたり、メイクをなおしたりと我が家のリビングの延長として、セカンドリビングのように使えますね。

  • 総排気量 ➡ 1.993cc
  • ホイールベース ➡ 2,890mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,470/1,485mm
  • 車両重量 ➡ 1,820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 5.4M
  • 燃費消費率 ➡ 25.0km/L
  • 乗員数 ➡ 7人
  • スライドドアの有無 ➡ あり、リア両側パワースライドドア

パワースライドドアがあると、荷物を載せたり下ろしたりと場所を選ぶことなく大きく両手を使うことが出来ます。

また、ホンダ独自のワクワクゲートがあるので、縦にも横にも開くドアが、いろんな使い方を楽しませてくれそうです。そんなステップワゴンは、2,455,920円から購入が可能となります。

キャンプに適した人気ミニバンおすすめ2017まとめ

pic_access_image_white

引用:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

では、今日のキャンプに適した人気ミニバンおすすめ2017まとめです。

キャンプをするときには、車中泊をするか日帰りなのかで選択する車は変わってきますよね。そこで、まとめでは部門でのおすすめを発表していきます。

  • 友人と日帰りの場合 ➡ トヨタのシエンタがおすすめ

車中泊をするのは手狭な感じがするものの、遊び心がたくさんあるのでキャンプなどにはピッタリで楽しめそうだというところから選ばれました。

  • 友人と車中泊の場合 ➡ アルファードがおすすめ

友人だと至近距離では気になる場合もありそうです。そして女性の足のむくみなど小さな配慮をたくさんしてくれるのがトヨタのアルファードだからです。ゆとりがある方が他人を乗せる時には、こちらも安心なことが多いです。

  • 家族と日帰りの場合 ➡ セレナがおすすめ

たくさんの食材と遊びたいものやスポーツの道具などを積んで楽しい時間を過ごせそうだからですね。しかし、残念ながらステップワゴンの広い快適性には届きませんでした。

  • 家族で車中泊の場合 ➡ ステップワゴンがおすすめ

ステップワゴンは、購入するときの費用負担も、キャンプをするときの使い勝手も、広さも、走行性能も、トータルでバランスの取れた車種だということです。人気が高いのも頷けますね。

キャンプをするならというミニバン選びでは、このような結果になりました。使用用途やキャンプに行く人の年齢などでも、適した車は若干変わっていくようです。今日も安全で快適なドライブを楽しんでくださいね。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

 オススメ動画PR! 
チャンネルはこちらから!! → DWガールズ DWガールズのYouTubeチャンネルでは、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます! 誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう