新型軽自動車の乗り心地を徹底比較! おすすめ人気ランキング【2017年度版】

新車情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



新型軽自動車の性能が最近はとても評判が良いですよね。

そこで今日は、新型軽自動車の乗り心地について徹底比較により、おすすめを人気ランキング形式でご紹介いたします。


スポンサーリンク

新型軽自動車の乗り心地を徹底比較!人気車種はどれ?

マゼンダベリーマイカメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s

同一の車名でも大きく違うなと思ったことは誰しもありますよね。そんな異なる点は、見方によっては大きな長所であったり、個性となっていくので、楽しさがもっと広がっていきます。

今日は、乗り心地を徹底的に比較していきたいと思います。また、乗り心地に関しては、シートの良さだったり、運転の操作性だったり、室内での使い方、座っている時間の快適性など、人によって異なる意見があるのは当然ですよね。

ここでは人気車種の中でも、シートの乗り心地を含めた室内の使いやすさについても見ていきますね。


スポンサーリンク

第10位 キャスト

キャスト レモンイエロー

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cast

個性的な車で魅力がいっぱいの車がいきなり第10位に輝いてきました。ダイハツのキャストです。

キャストの魅力は、使う人の用途に応じて大きく3つのタイプに分けられる個性ときれいなカラーですね。

“プライム コレクション SA Ⅲ”の場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,600mm
  • 室内高 ➡ 1,245mm
  • 幅 ➡ 1,320mm
  • 長さ ➡ 2,005mm

キャストの室内は、軽ハイトワゴンのように天井が高くないので、それらの軽自動車と比べると狭いと感じることがあるかもしれませんが、乗用車としての用途なら、大人がゆっくりと4人乗れる十分に広い室内です。

色は、タイプやルーフの組み合わせなどによって変わってきますが、すべてを合わせると、30種類近くにもなる豊富なラインナップです。

  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 840㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.7M
  • 燃費消費率 ➡ 30.0km/L

スポーティーに決めたり、おしゃれにこだわったり、いろんな行動派の人にと、それぞれの良さをもっている軽自動車なので、自分のライフスタイルにどのタイプが合うのかじっくり考えて決めてほしいですね。


スポンサーリンク

第9位 ミラ

2.ライトローズマイカメタリック

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira

第9位には、ダイハツのミラが登場してきました。安定感のあるミラには、同名車の仲間として、ミラココアやミライースがあります。

X”Special”の場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,530mm
  • 室内高 ➡ 1,265mm
  • 室内幅 ➡ 1,350mm
  • 室内長さ ➡ 2,000mm

他の軽自動車に比べると、背が低いこと、重量が軽いこと等、小柄な車なので女性にとっては扱いやすいといったメリットがある軽自動車です。

荷室とシート1

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira cocoa/

タイヤを四隅に配置したロングホイールベースになっているので、よりゆとりのある室内長と室内幅が出来ています。そのおかげで大人4人がゆったりと過ごせるようになっているのですね。

  • ホイールベース ➡ 2,490mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,310mm/1,300mm
  • 車両重量 ➡ 750㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.2M
  • 燃費消費率 ➡  24.2km/L

また、同じ車名でも、ミラココアになると室内の雰囲気が少し変わってきますね。ミラココアは、ミラの良さを持ったまま、おしゃれな洋服を選ぶような楽しみが待っている軽自動車です。

女性に支持されているミラココアですが、ホイールとお揃いで楽しめるところも可愛らしいですね。ミラの賢さに、可愛さを加えたミラココアも乗り心地が良いようです。


スポンサーリンク

第8位 ハスラー

カラーパネル2

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler

第8位は、可愛い外観が印象的なスズキのハスラーです。ハスラーは、アイドルやキャラクターを使ったスズキのCMでもおなじみだった、可愛い4WDの軽自動車です。

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,665mm
  • 室内長さ ➡ 2,160mm
  • 室内幅 ➡ 1,295mm
  • 室内高さ ➡ 1,250mm

Sエネチャージで低燃費を実現しているハスラーは、ポップな色といった可愛さもさることながら、可愛い4WDと表現されているように、力強くて乗り心地も追及されている軽自動車です。

  • ホイールベース ➡ 2,425mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,290mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.6M
  • 燃費消費率 ➡ 27.8km/L

運転席だけでなく助手席にも、シートヒーターがあることで寒い時にも温かく乗ることが出来るのは配慮されていますよね。

また、タイプAを除いたハスラーでは、後席にシートスライド&リクライニングを採用しており、温風を効率よく後席の足元に送るというリヤヒーターダクトがあります。これだと乗り心地も快適ですね。

第7位 ムーヴ

水色の空と

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

続いて第7位には、ダイハツのムーヴが登場です。ダイハツのムーヴには、誰にとっても扱いやすくて乗降が楽だという軽自動車にしたいといったこだわりがしっかりしています。乗り心地に大きく影響しますからね。

また、上質なシートによって肌触りも良いのが女性には大好評です。赤ちゃんが乗ったり、いろんな空気に触れたりと意外と室内は汚れてしまいがちです。そんな時でも、可愛くて洗えるシーツを望んでいる人は多いのではないでしょうか。

L 2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,630mm
  • 室内高 ➡ 1,280mm
  • 室内幅 ➡ 1,320mm
  • 室内長さ ➡ 2,080mm

ダイハツの軽自動車は、長い間にわたって、たくさんの女性の声を聞いているので、細かい配慮がいきわたっています。そのうちの1つがシートカバーの多彩なことです。洗えると清潔に使えるので、快適に乗車が出来ますからね。

lp01-blk02-img-car_01

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move

  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 820㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 31km/L

また、ダイハツには赤ちゃんや小さな子どもの使うチャイルドシートが豊富に揃っていることも大きな特徴です。そこには、どのくらいの子どもを乗せるのか、変える時期はいつなのかといった、育児が初体験のママやパパにも分かりやすいアドバイスまで付いていることも優しい心遣いですね。

また、快適な乗り心地では、大人4人が乗っても、荷物を載せても大丈夫な広い室内空間も、きっと支持を得ている理由でしょう。これから年末でバーゲンを狙う女性など、楽しみ方も増えていきそうですね。

第6位 Nワゴン

ゆったりくつろげる

引用:http://www.honda.co.jp/N-WGN/

第6位に登場したホンダのNワゴンでは、広々とした室内が話題です。360°の日差し対策が可能といったガラスです。

スーパーUVやIRカットなど心配することなく乗れるのも、ある意味、乗り心地の良さに通じています。

Cタイプ

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1655mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

ホンダの特許技術によって、「センタータンクレイアウト」が採用されているので、これまでより広い室内を実現しているのです。人が乗っても荷物をたくさん載せることが出来ますね。

  • ホイールベース ➡ 2,520mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,305mm
  • 車両重量 ➡ 830㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.5M
  • 燃費消費率 ➡ 29.4km/L

また、シートパターンが豊富で楽しいことも魅力です。こういう嬉しいことは、乗り心地にも大きな影響を与えますから大切です。シートには、アレルクリーンシートを採用していることもあり、小さな子どもやアレルギーが心配な人への配慮も抜群です。

第5位 ワゴンR

室内プリスクブルー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

ワゴRの乗り心地としては、体にぴったりくる運転席のシートによって疲れにくいドライビングポジションを整えてくれます。

運転によって疲れてしまうとお出かけ先でも楽しめませんから、こういった配慮ある軽自動車って大切ですね。

FA 2WD CVTの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,650mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,460mm

今は軽自動車の性能も高くなったことで、長距離を走る軽自動車も増えて来ました。そうなると更に、乗り心地やシートの良さなど気になってくる項目となりますね。

  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,300mm
  • 車両重量 ➡ 750㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 33.4km/L

更に忘れてはいけないのが音です。ワゴンRのエンジン始動は大変に静かなので室内でも快適に過ごすことが出来ます。好きな音楽や家族や友人との会話など楽しく過ごしたいですね。

第4位 タント

家族とタント

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto 

次の4位には、子育て世代に絶大な支持を得ているダイハツのタントがやってきました。注目したいのは、疲れにくいドライビングポジションで運転が出来ることです。

Lタイプ2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,750mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

タントの室内には、傘をさしたまま室内へ入れるというメリットや、長いものなどの見持つを積み込んでも大丈夫な高さと左右にあるスライドドアのような機能がいっぱいです。

  • ホイールベース ➡ 2,455mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,300mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 920㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 28.0km/L

お買い物でも、見つけた欲しいものは、すぐに持って帰りたいものです。そんなときに、そのまま持って帰ることが出来るなんて嬉しいですよね。

また左右別々に格納できるリヤシートは、リクライニングも可能なんです。これだと、後席の人が走行中も楽な体勢で過ごすことが出来ます。

第3位 スペーシア

ブル―イッシュブラックパール

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

第3位にランクインしているのは、タントと同じく子育て世代に人気のあるスズキのスペーシアです。

パパがママの代わりに後席へ乗っても、ゆったりと乗れる空間を実現しており、後席で赤ちゃんのおむつ交換も楽に出来るのです。

Gタイプ2WDの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,735mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  • ホイールベース ➡ 2,425mm
子どもが立てる高さがある

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

  • トレッド前/後 ➡ 1,295mm/1,290mm
  • 車両重量 ➡ 840㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.4M
  • 燃費消費率 ➡ 32.0km/L

また、運転席には、肘や肩周囲にとって開放的な空間を作り出しているので、気にせずにハンドリングを楽しむことが出来るのです。

それから、きめ細やかな配慮によって防音材や制振材を最適な場所にレイアウトしていることで、エンジン音や風切り音など耳障りな騒音も低減しているところが乗員に対して優しいですよね。

第2位 ウェイク

10.トニコオレンジメタリック×パールホワイト

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

乗り心地で、第2位に輝いたのは、ダイハツのウェイクですね。ダイハツのCMでもパンチの聞いたダイナミックな楽しみ方が話題です。

乗り心地にとって重要なシートですが、左右で分割するロングスライドや、左右分割でのリクライニング、また左右ステアリングやシートの高さまで調節することが可能になっているのです。

“レジャー エディション SA Ⅱ”の場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,835mm
  • 室内高 ➡ 1,455mm
  • 幅 ➡ 1,345mm
  • 長さ ➡ 2,215mm
  • 総排気量 ➡ 658cc
  •  ホイールベース ➡ 2,455mm
ウルトラスペース

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake

  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,295mm
  • 車両重量 ➡ 1,020㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.7M
  • 燃費消費率 ➡ 23.8km/L

その他には、地上最上高が14㎝というところも乗降がしやすいので優しい配慮ですね。それから、女性や小さな子どもにとって特に気になる強い日差しをカットしてくれるスーパーUV&IRカットガラスや、空気をクリーンに保ってくれるスーパークリーンエアフィルターがあります。

「創造空間ウルトラスペース」と名付けられた空間には、こうして乗員の人数や荷物の大きさなど状況に合わせて多彩なアレンジが可能となっているのですね。

第1位 Nボックス

プレミアムピンク・パール

引用:http://www.honda.co.jp/Nbox/

そして乗り心地の№1に輝いたのは、ホンダのNボックスです。全体の人気でもナンバーを獲得しているNボックスは、もちろん乗り心地についてもしっかり考えてくれています。

Gタイプの場合

  • 全長 ➡ 3,395mm
  • 全幅 ➡ 1,475mm
  • 全高 ➡ 1,790mm
  • 総排気量 ➡ 658cc

 

pic_interior_03

引用:http://www.honda.co.jp/Nbox/

  • ホイールベース ➡ 2,520mm
  • トレッド前/後 ➡ 1,305mm/1,305mm
  • 車両重量 ➡ 890㎏
  • 最小回転半径 ➡ 4.5M
  • 燃費消費率 ➡ 27.0km/L

人がくつろげるような広さと乗り心地を中心に力を入れているだけあって、大人4人が乗っても全員がくつろげる広さです。

また、後席の人が足を組んでもゆったりと過ごせるのは、2,000ccのミニバン並みの前後シート感覚を実現しているからなんですね。

乗り心地といえば、忘れてはいけないのが、振動や音です。そういった意味でも、ボディの振動抑制や最適な配置を施した吸音材も高い静粛性を作り上げているというわけですね。

特別編 静かな人気のHONDAバモス

ローダウンとハイルーフ

引用:http://www.honda.co.jp/VAMOS/

荷物をたくさん運びたいので、小規模な業務用にも優れているホンダのバモスは、たまに乗用車として家族で乗りたいといった人にも人気があり、しずかな注目をされている車種です。

シートのアレンジ方法も豊富にあり、乗せる人や載せる荷物によって変えられるといったことが簡単なことも人気の秘密ですね。

この車種には、友人も乗っているのですが、これまでの業務用軽自動車といった印象は薄くて、カッコいい働く軽自動車だと思いました。子どもを乗せていても安心して走行が出来るようでしたので、もし稼業などで車を必要とするけど、家族で出かけるのにも使いたい人は検討するのも良いですね。

新型軽自動車の乗り心地 人気ランキングまとめ

カスタム プレミアムグラマラスブロンズ。パール

引用:http://www.honda.co.jp/Nbox/

では、今日の新型軽自動車の乗り心地人気ランキングです。

  • ダントツで№1の乗り心地でおすすめ! ➡ ホンダのNボックス

乗り心地を選ぶなら、やはりすべての乗員への気配りが欲しいものですね。そういう意味でもランキング№1に輝いたホンダのNボックスをおすすめ№1に選ばせていただきます。

  • 子育て世代の乗り心地でおすすめ ➡ スズキのスペーシア

子どもの安全とママやパパの快適性をバランスよく考えている点で、選ばせていただきました。仲良くお出かけも、みんなが楽しくないと本当の意味で楽しめないですからね。

  • ワイドな快適と乗り心地でおすすめ ➡ ダイハツのウェイク

創造空間ウルトラスペースと名付けられるほど空間を大切にしていることが伝わってきます。そして、あらゆる場面で、気が利くなって思うような配慮が多いのも魅力です。

乗り心地は、快適性と、切っても切れないほど強く結びついた重要なものですからね。そして、全体的には、乗り心地をみて、売り上げの多い人気車種の中で乗り心地を見ても、やはりトータルバランスの優れている車種が選ばれていることが分かりました。

そこに個性といった、どんな人を乗せると想定しているのかということが改良に繋がっていることを考えると楽しい展開でした。今日も、安全運転で、楽しいドライブを楽しんでくださいね。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!


 オススメ動画PR! 


チャンネルはこちらから!! → ノエちゃんねる
YouTubeチャンネル「ノエちゃんねる」は、面白系動画など幅広いジャンルの動画を投稿していきます!
誰が観ても楽しめるチャンネルです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク