4WDのコンパクトカーを比較! おすすめ人気ランキング【2017年度版】

コンパクト_4wd

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



車両重量が重たく、燃費が悪くなりがちな4WDだからこそ、コンパクトカーから選びたい。

雪の降る地域には必須の4WDのコンパクトカーをご紹介します。

4dwconpact_01

引用:https://usedcar-manual.com/successive-nissan-minivan-rankings/


スポンサーリンク

4WDコンパクトおすすめランキング

4WDのおすすめランキングは2017年、よく売れているクルマを基準にご紹介していきます。

【10位:スズキソリオ】

4dwconpact_02

引用:https://www.youtube.com/watch?v=e3wSkBHNFo4

とにかくお値打ちなのがソリオです。

最廉価では1,581,120円で4WDに乗れるのです。

また室内も広いので背の高い男性が乗っても解放感があります。

おすすめのグレードはマイルドハイブリッドのMZ、デュアルカメラブレーキサポートもついて2,027,160円。


【9位:トヨタパッソ】

4dwconpact_03

引用:https://cmsongmax.com/17093/

4WDでもパッソは24.4km/Lととても経済的です。

おすすめグレードは「Lパッケージ・S」衝突回避支援システム「スマアシⅡ」が搭載されます。

価格は1,490,400円。


【8位:トヨタルーミー】

4dwconpact_04

引用:http://toyota.jp/roomy/grade/gs/?padid=ag341_from_roomy_grade_gs_detail

パッソと同じくダイハツから供給を受けて販売しています。

1000cc以下の普通自動車ということで、自動車税が安くなるのがうれしいですね。

おすすめグレード、G“S” 価格は1,720,000円。


【7位:トヨタヴィッツ】

4dwconpact_05

引用:http://toyota.jp/vitz/exterior/?padid=ag341_from_vitz_navi_exterior

ヴィッツはスターレットの後継車として爆発的にヒットした車種です。

2017年1月に3代目、2度目のマイナーチェンジを図り、シャープでスタイリッシュになりました。

おすすめグレードはFセーフティエディション、価格1,649,160円。


【6位:トヨタシエンタ】

4dwconpact_06

引用:http://toyota.jp/sienta/exterior/?padid=ag341_from_sienta_navi_exterior

3列シート、両側スライドドアが売りのシエンタは相変わらず人気が高いですね。

おすすめグレードは6人乗りの特別仕様車G“Cuero” 2,257,709円です。

【5位:スズキスイフト】

4dwconpact_10

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/

スイフトは日本よりもインドやヨーロッパで人気の高いグローバルカーです。

2017年度1月4日から発売されたフルモデルチェンジでグッドデザイン賞を受賞しました。

4代目のスイフトはコンセプトを維持させつつも設計を全面的に見直し、軽量化と高剛性を両立、3代目とくらべると120kgの軽量化を実現しています。

おすすめグレードはマイルドハイブリッドRS、価格は1,941,840円。

【4位:マツダデミオ】

4dwconpact_07

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/?link_id=XD#demio

デミオはすべてのグレードで4WDの設定があります。

2017年4月の一部改良で「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(前進時)」「AT誤発進抑制制御前進時)」「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」が全グレードに標準装備されました。

ディーゼルで燃費は22.8km/Lとなっています。

おすすめグレードはXDツーリングLパッケージ、価格2,246,400円です。

【3位:ホンダフリード

4dwconpact_08

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

フリードには5ナンバークラスのミニバンでは初めてハイブリッド車にも4WDが設定されています。

おすすめグレードはフリード+ハイブリッドG・ホンダセンシング、2,748,200円。

ガソリン車なら、フリード+G、2,232,200円。

【2位:ホンダフィット】

4dwconpact_09

引用:http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/styling/design/

コストパフォーマンスに優れているフィット。

内外装のデザインが新しくなりシャシー性能も向上しました。

インラインタイプのLEDを採用、華やかさをプラスして女性ユーザーにも訴えかけています。

おすすめグレードはハイブリッド・Lホンダセンシング、2,241,000円。

ガソリンなら13G・Lホンダセンシング、1,847,880円。

【1位:日産ノート

4dwconpact_10.png1

引用:http://www.goo-net.com/catalog/NISSAN/NOTE/10100583/index.html

日産ノートの4WDは「e-4WD」というモーターアシスト方式です。

電気モーターで後輪を駆動するのでプロペラシャフトが不要、キャビンのスペースを広く取れます。

プロペラシャフトがないことで車重も軽く、乗り心地も2WDと変わりません。

おすすめグレードはノート MEDALIST X FOUR 4WD(モーターアシスト方式)、価格は1,850,040円です。


スポンサーリンク

4WDのコンパクトカーに乗るメリット

コンパクトカーの4WDのメリットは何といっても燃費と価格です。

本来、燃費が悪いといわれている4WDですが、コンパクトカーの場合は意外と低燃費です。

そのため雪の降る地域でも、最近では本格的なクロスカントリー系SUVよりも、コンパクトカーの4WDが増えてきています。

また雪の降らない地域でも雨の日や高速道路など低重心で走行安定が高い4WDを選ぶ人が多くなってきました。

2WDと比較すると高速安定性は4WDが高く、乗り心地に関しては車重が重いこともあり、ややロードノイズが大きくなります。

とはいえ、そもそも車重の軽いコンパクトなので、気づかない人がほとんどといったレベルでしょう。

積雪地区、アウトドアに出かけることが多い、通勤途中に悪路または峠がある、ライフスタイルにそんな条件を持つ人は、できれば4WDにした方が安全です。

4dwconpact_12

引用:http://psyzans.com/Newken/Seaburi/Seaburi_1.html


スポンサーリンク

4WDとAWDの違い

4WDとAWDって同じだと思っている人は多いのですが、厳密には違うのだそうです。

4WDは「four wheel drive」4つのタイヤが駆動するという意味です。

そしてAWDは「all wheel drive」全てのタイヤが駆動するということ・・・。

そうなんです。

4つ以上のタイヤを持つクルマに対してAWDという言葉が使われるのです。

4WDはAWDですが、AWDが4WDとは限らないという意味です。

4dwconpact_13

引用:http://car-moby.jp/64823

4WDのコンパクトカーを比較!まとめ

今回はコンパクトーの4WDということで、よく売れているものを中心にご紹介しましたが、4WDをランキングする上でやはりスバル車を出すことが出来なかったのがちょっと悔やまれます。

こちらの記事をお読みの方はコンパクトで4WDを探しておられると思いますが、スバル車の4WDも購入の検討に加えてはいかがでしょうか。

3ナンバーとなってしまいますが、価格的にはコンパクトカーより少し高いくらいです。

【番外編その1:スバルインプレッサ】

価格:2,613,600円

4dwconpact_14

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

夜間走行時の歩行者認識性能を強化したアイサイトを全車標準装備、国産車では初めての歩行者保護エアバッグの採用で安全性能は国産車トップクラスとなっています。

また後退時にも自動ブレーキシステム、サイドビューモニターを追加したことで高い安全性が強化されました。

【番外編その2:スバルXV】

価格:2,246,400円

4dwconpact_15

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

2017年4月にフルモデルチェンジをして3代目となったXV。

エンジン・トランスミッション・AWD・VDC(ビークルダイナミクスコントロール)を統合制御し、4輪の駆動力やブレーキを最適にコントロールする電子制御システムを搭載します。

4WDの性能を重視するという方なら、是非検討に入れてほしい番外編でした。


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう