国産クーペの燃費を比較!おすすめ人気ランキング【2017年度版】

クーペ_RC

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



日本で走るクーペ、というとどうしてもスポーツカーのイメージが強くなります。ですが、昨今はハイブリッドクーペも出没中です。

数年後にはEVや水素自動車当たり前に走る可能性が高い中、ロングライフ商品のとしてどんなクーペが出てくるのか……それなら、今のうちに旬のクーペに乗ってしまいましょう!!


スポンサーリンク

レクサス RC ハイブリッド :23.2km/L

FotoFlexer_Photo

引用:http://gazoo.com/pages/contents/impression/guide/150116_2/img_RC300h_1_l.png

049

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/672/594/049.jpg

2.5L 4気筒のハイブリッドシステム搭載が「RC300h」。220馬力を擁するRCは走りに徹するよりも、街を流すのが似合うクルマです。

とはいえ、アグレッシブなクーペフォルムですから、どうしても飛ばしたい……そういう方がアクセルペダルのベタ踏みをすると、バッテリーの減りが急激。

それを十分理解してエンジンとアシスト機能程度に理解した走りを実現するのが大事でしょう。


スポンサーリンク

レクサス RC :13.0km/L

RCを見分けるなら、フロントグリルのデザイン。メッシュタイプがRC200t “F SPORT”で、それ以外はストライプ柄を纏っています。

13.0km/Lは、200tのグレード数値。エンジンは”8AR-FTS”で、トヨタ・クラウンアスリートを筆頭に、レクサスファミリーで採用されています。

FotoFlexer_Photo

引用:http://st.motortrend.com/uploads/sites/5/2014/11/2015-Lexus-RC-350-F-Sport-front-three-quarter-041.jpg

2015-Lexus-RC-350-gallery-1204x677-LEX-RCG-MY15-0019.01

引用:https://www.lexus.com/cm-img/gallery/2015-Lexus-RC-350-gallery-1204×677-LEX-RCG-MY15-0019.01.jpg


スポンサーリンク

トヨタ86 :12.8km/L

86のエンジンはスバル製の水平対抗4気筒エンジン。内径×行程はスクエアストローク型の 86.0mm×86.0mm。ロングストロークは水平対抗型エンジンにとって車幅が広くなければならない…という鬼門。

ただ、86という名の通り、86.0mm寸法にしたのは偶然ですが、スクエアエンジンが今後のスバルとトヨタの関係に大きな影響を与えることになるのは必定でしょう。

燃費向上に寄与するスクエアエンジンの開発が、今後進んで行く一里塚のエンジンであることから、この車種を選ぶのはなかなか意義があるのかもしれません。

FotoFlexer_Photo

引用:https://amd.c.yimg.jp/amd/20160706-20102895-carview-022-7-view.jpg

FotoFlexer_Photo

 引用:http://www.webcg.net/mwimgs/9/8/-/img_98a3332326d82d4bf4cc2a33f9566933103764.jpg

SUBARU BRZ:12.4km/L

トヨタ86とSUBARU BRZは兄弟車、同一エンジンですが、燃費が若干ことなります。

FotoFlexer_Photo

引用:https://www.drive.co.uk/wp-content/uploads/2017/03/Tom-Scanlan-reviews-the-2017-Subaru-BRZ-for-Drive-17.jpg

Subaru-BRZ-Interior-1

引用:http://www.usedenginesforsale.co.uk/blog/wp-content/uploads/2016/07/Subaru-BRZ-Interior.png

日産 フェアレディZ:9.2km/L

2018-nissan-370z-coupe-rear-profile-red-large

引用:https://www.nissanusa.com/dam/nissan/vehicles/sportscars/z-coupe/2018/overview/key-features/2018-nissan-370z-coupe-rear-profile-red-large.jpg

FotoFlexer_Photo

引用:http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/496b025ce5685bf05446c1e6cd7395b7/204891392/01-2015-nissan-370z-nismo-qs-1.jpg

実燃費は7.2km/L程度。

フェアレディZといえば、NISMO仕様こそが選択肢……という声がありますが、それは並みいる競合車種が完璧な足回りやチューニングを施したモデルを次々とデビューさせていることから。

ベースグレード、Version S/T/STとニスモ以下は全て336馬力の3.7エンジン。ただ、変速機や足回りによるドライバーとの”対話”はアナログ的な楽しさが感じられ、これこそが良きクーペスポーツの源流…と感じられるクルマになっています。

2008年デビューから早10年目を迎え、FMCが近いと言われるZ。その主力マーケット、アメリカの意向でエンジンサイズはそうそう変わらないと言われますが、かなり電子制御が張り込んでくるのは間違いなし。

買うなら今!というべきスポーツクーペの一台です。

日産 GT-R:8.8km/L

2017-nissan-gt-r-gets-more-power-news-car-and-driver-photo-667083-s-original

引用:https://hips.hearstapps.com/amv-prod-cad-assets.s3.amazonaws.com/images/16q1/665058/2017-nissan-gt-r-gets-more-power-news-car-and-driver-photo-667083-s-original.jpg

日産GT-Rは燃費に関係ないクルマ……そう思っていませんか?その気になれば315km/hの超高速運転も可能なV6-3.6Lエンジンは、実はデビュー当時と同じではありません。

現行R35型は、2007年デビュー当時8.2km/L。それが2008年にツインターボ車が8.3km/Lとなり、2010年のニスモバージョンが8.7km/Lまで進化。

さらに現行では8.8km/Lまで燃費向上が計られています。実際には7km/L台となりますが、量産スポーツカーとしてはまずまずの燃費と言えるでしょう。

FotoFlexer_Photo

引用:https://www.autocar.co.uk/sites/autocar.co.uk/files/styles/gallery_slide/public/nissan-gtr-track-0001.jpg?itok=rfZjyOLE

2018-nissan-gtr-black-large

引用:https://www.nissanusa.com/dam/nissan/vehicles/sportscars/gt-r/2018/features/exterior/2018-nissan-gtr-black-large.jpg

国産スポーツクーペの燃費は、ベースグレードを基本に記載しています。ですが、より走りに振った特別仕様車の場合は、燃費数値がより下がることになります。

ガソリン代を考えてスポーツカーを選ぶ、クーペを選ぶならば走りと相談して折り合いを付けて行くのがクーペ選びの王道。ぜひ今しか乗れないスポーツクーペを所有し、日々乗って楽しむ方が増えて欲しいと思います!


新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「この車、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない...

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



「人気ブログランキング」と「日本ブログ村」に参加しています。
↓↓応援のクリックをお願いします!↓↓

人気ブログランキング
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう