新型オーリス 試乗レポートまとめ!

オーリス

2016年の新型オーリスは試乗レポートが数多く寄せられています。

こちらでは2016年の新型オーリスの試乗に関するデータをまとめましたのでご紹介します。

⇒ オーリスハイブリッドの試乗レポートはこちら

20150420-20102427-carview-000-5-view (1)
画像引用:公式HP & Car View







2016年 新型オーリスの試乗レポート

高速での走り

→足回りの強さもあってか、高速道路での直進安定性はとても良いです。これはクラストップの性能と言っても過言ではないです。

→3種類あるエンジンはどれも実用域で十分なパワーを発揮するので高速での追い越しの際も、必要以上に「アクセルを踏み込む必要がありません。

街中での走り

→120Tのターボは、低回転域で最大トルクを発揮するので、青信号での発信から加速が非常にスムーズでパワフルです。CVTとの相性も抜群に良いです。

→後輪の接地性が高いので、直進時、旋回時ともに安心して走れます。いかにもトヨタらしい安定指向のセッティングです。

その他、オプションなど

→120Tのダウンサイジングターボの登場で今まで曖昧だったオーリスの存在価値が一気に高まり、日本市場での同クラスのベンチマークでもあるゴルフのライバル車の位置付けを得ている。

→ターボエンジンは、低回転域から相応の駆動力を発生するので、CVTのギア比をあまり変えずに速度を上昇させることができるので、低燃費につながっている。

まとめ

新型オーリスは、トヨタの巨大ラインナップに埋もれることなく、2015年のマイナーチェンジで改めて存在感をアピールしています。

その最たるものが、「120T」のダウンサイジングターボです。低回転域からトルクを発揮し、CVTとの抜群の相性で低燃費と走行性能を両立しています。

また、ボディ剛性や足回りを徹底的に見直し、ヨーロッパ車と肩を並べるくらいの仕上がりを見せてくれます。

特に乗り心地に関しては、旧モデルの乗り心地と比べても歴然としています。

新型にはTyota Safety Sense Cが装備され、予防安全の面で、さらにドライバーを支援する体制になっています。

ダウンサイジングターボで走りのハッチバック、オーリスを購入するなら、ライバルのVWゴルフやインプレッサスポーツを引き合いに出しつつ、

→ 新型オーリスを値引きからさらに50万円安く買う方法とは?

こちらの方法を合わせて活用し、大幅な値引きを勝ち取りましょう。